ショッピングカートを見る
オススメ商品
   
病気と小麦若葉青汁
病気と小麦若葉青汁
   
情報カテゴリ
情報カテゴリ
   
Product for foreign countries
Product for foreign countries
   
お客様へご連絡
お客様へご連絡
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

ヒロキ
ようこそウイートヘルスショップへ。 小麦若葉青汁商品であなたの健康を応援致します。 お問い合わせは、どうぞお気軽にメールでお願いします。
商品検索

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
   
その他のページ
その他のページ
rss atom


カウンター

SHOP バナー

HOME小麦若葉青汁の栄養

<小麦若葉青汁の栄養>

小麦若葉(スプラウト)の栄養成分について

食物繊維(ファイバー)

    小麦の芽100g中に3.2g含有(茨城県薬剤師会衛生検査センター調べ)

          水溶性と不溶性の両方を含むと思われるが検査できず。

    厚生労働省研究班「多目的コホート研究」の発表

       がん発生は、食物繊維摂取量が極端に少ない人は多い。

       1日10g以上の摂取では、差がない。

       心臓病・腎臓病にも効果がある。

    食物繊維の含有量 g/100g(五訂増補 日本食品標準成分表より)

      ケール/3.7     サニーレタス/2    白菜 生/1.3

      キャベツ生/1.8  ごぼう ゆで/6.1  玉ねぎ 生/1.6

成分一覧表

アンウィグモア財団(アメリカ合衆国)発表の成分分析表を紹介します。他国のことなので保証はできませんが参考にしてください。

  130種類もの成分が含まれる栄養豊富な小麦若葉のようです。

               小麦の芽3500mgに含まれるもの

   たんぱく質 800mg  食物繊維 600mg   カロリー 10  葉緑素19mg

   成分の種類=130種類

 

鉱物 アミノ酸

ビタミン

カルシウム 18mg

リジン 29mg ビタミンA 1750IU
リン 18mg ヒスチジン 16mg ビタミンK 280mcg
カリウム 112mg アルギニン 39mg ビタミンC 11mg
マグネシウム 3.6mg アスパラギン酸 78mg ビタミンE 1.1mg
アイロン=鉄 2mg トレオニン 37mg チアミン 10mcg
マンガン 0.35mg グルタミン酸 85mg

コリン 1mg

セレン 3.5mcg プロリン 33mg リボフラビン 71mcg
ナトリウム 1mcg

グリシン 41mg

Pyroxidine 45mcg
亜鉛 17,5mcg アラニン 48mg ビタミンB12 45mcg
ヨウ素 7mcg バリン 44mg ナイアシン 1mcg
銅 0.02mg イソロイシン 31mg パントテン酸 263mcg
コバルト 1.75mcg ロイシン 57mg ビチオン 4mcg
硫黄 7mg チロシン 18mg 葉酸 38mcg
  フェニルアラニン 38mg  
  メチオニン 15mg Carbates 1.3gm
その他75 シスチン 8mg  
  トリプトファン 4mg  
  アミド 10mg  
  プリン 2mg  
  センエ 85mg  

 

シトクロムオキシターゼ プロテアーゼ ペルオキシターゼ
Transhydrogenase P4D1 アブシジン酸
リパーゼ アミラーゼ Catalse(触媒?)
過酸化物 DEAE

上記の表にはグルテンは含まれていません。理由として考えられることは以下のような事と思います。
グルテンは小麦種子の中の胚乳にあるグリアジンとグルテニンが水と反応して生成されるものです。
だから小麦種子を挽いた小麦粉にはグルテンが含まれます。
しかし、種子植物のほとんどは、胚乳の成分を栄養素として利用し、水分・酸素・温度条件が整った時に発芽をしますので、その時に胚乳の栄養素を使ってしまうから、小麦の芽にはグルテンが含まれないのだと思います。

参考サイト   グルテン(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

↑画面の先頭に戻る

葉緑素(クロロフィル)

葉緑素はクロレラ成分の1つです。上記成分表によると小麦の芽3500mg中19mg含有となっていて、小麦の芽ジュースには70%含有していると言われています。
実際に搾って見ると分かりますが青汁の緑の濃さが論より証拠と言えるかもしれません。
また、日本薬学会報告には、麦葉緑素は栄養価が高いと研究結果が出ています。
 

その他の有望な有効成分

現在の医学・化学では立証されていません。

アラントイン(上記成分分析に表記なし)は、有効性が指摘されています。
小麦の芽は土中に存在する既知の鉱物の内、7割位を吸収する(上記成分分析のその他75)とされている事から、栄養豊富であると言われていて日本薬学会報告とも合致します。

生ジュースの栄養

植物を搾って得られるジュースの栄養は、食物繊維から栄養素を分離することによって 得られるもののようです。
だから、刃が高速回転するタイプのジューサーでは、植物を細かく切っているだけなので栄養価が低くなります。
食物繊維と栄養素を分離するには、圧搾式ジューサーが良いと思います。
圧搾ジューサー販売会社では回転式と圧搾式の違いによる栄養素の成分比較を掲載しているところもあります。
また、アメリカでは高速回転型のジューサーはあまり見かけませんが、それはノーマン・ウォーカー博士(Norman W .Walker)が1900年代に圧搾して搾った生ジュースを提唱して広められた為と思われます。

自家製ジュースは植物から搾った時から劣化を始めますから、すぐに飲んだ方が良いと思われますが、ウィートグラスに関して言えば、3〜4時間後に飲んだほうが良いと言うサイトもあります。

しかし、そんなに大きな差があるとは思えません。
何故かと言うと、加工されたものは何らかの栄養素が間違いなく減少・消滅しているからです。

テレビショッピングで販売している青汁を見てたら、その青汁の栄養素が27種類も入っていると宣伝していましたが、自家製小麦若葉は、130種類もの成分が含有されていますから、生の青汁は比較にならないほど栄養成分が豊富であると思います。

植物から搾ったジュースから何らかの利益を得ようとするならば、搾りたての生のジュースが良いと言うことになります。

また、ローフードが良く話題になりますが、アメリカでの普及のきっかけがWheatgrass Juice とも言われています。すべてでは無いにしても何らかの影響を及ぼしたのではないかと想像できます。
だからローフードのサイトや実践者のブログ(アメリカ)などを読んでいると、Wheatgrass Juice の事が良く書かれています。

ローフード(raw food)とは生の食材を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する食事(ローフーディズム)のことである。(Wikpedia)
スローフード(Slow Food)とは、その土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動、または、その食品自体を指すことば。(Wikpedia)

ゲルソン療法というものがありますが、基本は食事にありローフードを取り入れた療法と言えるでしょう。

↑画面の先頭に戻る

ヒ ン ト

      毎日飲む野菜として、青汁や野菜ジュースを飲んでも野菜を食べたことにはなりません

      基本は食事からの摂取であり、栄養補助的に飲むものであります。

      国民生活センター報告書(P42消費者へのアドバイス)
 

栄養素の相関関係

各種栄養素は、単独で体内の活動をしている訳ではありません。数万種類の化学反応をしているとも言われ、総合的なバランスを整えることが大事であると考えます。

たとえば、コラーゲンを経口摂取してもそのままでは吸収できないために分解され、それから再びコラーゲンに合成されますが、合成される場所や量は摂取量と関係が無いとも言われます。
この時の分解合成にはコラーゲン以外の物質が関係してきますので単独摂取ではあまり意味を成さない事になります。
しかもその関係が数万種類に及ぶと言うことになれば、バランスが大事になってきます。
そのバランスをとった上での単独の栄養素の摂取が良いと思いますから、自家製小麦青汁は栄養素が豊富なので総合的な栄養素の摂取には良いでしょう。

しかし、基本は食物からの摂取であることは忘れてはいけません。以下に単純な相関関係を各種サイトから集めた情報でまとめてみます。医学的に立証されているかどうか判りませんので、予めご了承ください。

 成 分 名    左記成分と関係のある成分    色文字は小麦若葉に含まれる成分

トリプトファン   セロトニン・ビタミンB6・ビタミンC・ナイアシン・葉酸・マグネシウム
(必須アミノ酸)

葉     酸   鉄・銅・ビタミン12・トリプトファン・チロシン

セ  レ  ン   ビタミンC・カドミウム・水銀・ヒ素・グルタチオン・ベルオキシターゼ・グリシン
(アミノ酸)

フェニルアラニン   チロシン・ドーパミン・セロトニン・トリプトファン・ノルエピネフリン・ビタミンC/B6/B3・銅・鉄
(必須アミノ酸)

リ  ジ  ン   ナイアシン・コラーゲン・アスパラギン酸・カルシウム・ビタミンC/B6/B3/B2・ハイドロキシリジン
(必須アミノ酸)

プ ロ リ ン  コラーゲン・グルタミン・オルチニン

バ  リ  ン  ロイシン・イシロイシン
(必須アミノ酸)

ヒ ス チ ジ ン  メチオニン
(アミノ酸)

グ ル タ ミ ン 酸  アルギニン・オルニチン・プロリン・ビタミンB6・マンガン・GABA(ガンマアミノブトリック酸)
(アミノ酸)

グ リ シ ン  コリン・スレオニン・セレン・グリコーゲン・ヘモグロビン・コラーゲン・グルタシオン
(アミノ酸)

チ ロ シ ン  葉酸・ビタミンC・ビタミンB3・銅・フェニールアラニン
(アミノ酸)

ロ イ シ ン  イソロイシン・バリン
(必須アミノ酸)

シ ス チ ン  システェイン・メチオニン・コラーゲン・グリタシオン補酵素・カルシウム・ビタミンE/C/B6

メ チ オ ニ ン 硫黄・システェイン・グルタシオン・ヒスタミン・シスチン
(必須アミノ酸)

 

 必須アミノ酸=体内で作れないので、食物から摂取しなければならないもの

    アミノ酸=体内で作り出せるもの

参考サイト:ビタミン|栄養素116

 
商 品 紹 介

小麦若葉青汁 濃縮エキス  小麦青汁スプレー・石鹸セット  小麦若葉青汁スプレー

小麦若葉青汁クリーム    Twin Gear manual Juicer SJM at JP