ショッピングカートを見る
オススメ商品
   
病気と小麦若葉青汁
病気と小麦若葉青汁
   
情報カテゴリ
情報カテゴリ
   
Product for foreign countries
Product for foreign countries
   
お客様へご連絡
お客様へご連絡
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

ヒロキ
ようこそウイートヘルスショップへ。 小麦若葉青汁商品であなたの健康を応援致します。 お問い合わせは、どうぞお気軽にメールでお願いします。
商品検索

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
   
その他のページ
その他のページ
rss atom


カウンター

SHOP バナー
HOME>健康・医療

このページでは、私がWEBサイトで気になった情報をお届けします。
海外のサイトもありますので、翻訳が間違っている可能性をご了承下さい。

脳卒中半身不随にも小麦若葉青汁
1年前に脳卒中で半身が不自由だった女性が、小麦若葉青汁クリームを使用して回復しました。
詳しくは、下記URLのYouTubeサイトをご覧ください

https://www.youtube.com/watch?v=Z_N2pw-eNLU

がん治療に温熱療法
ほとんどの場合化学・放射線治療と併用して行われます。臨床段階の治療法ですが多様なガンに効果を上げています。
参照サイト=米国国立ガンセンター

前立腺癌にプロポリス抽出物が有効の可能性
人での臨床試験が必要だが、腫瘍を殺す薬との併用によるがん治療効果が期待できる。
参照サイト=健康・栄養フォーラム

スポーツ・栄養ドリンクは歯のエナメル質を傷める可能性
酸性度が高いスポーツ・栄養ドリンクは、歯のエナメル質を溶かす可能性がある。飲料業界は実験に反論。
参照サイト=WomensHealth.gov

軟部肉腫の治療薬を承認(FDA)
米国食品医薬品局(FDA)は、高度な軟部肉腫患者の治療にVotrient(パゾパニブ)薬を承認しました。
参照サイト=FDA

特定の野菜・果物は、花粉症を悪化させる
食物アレルギーを持つ花粉症の人が、特定の野菜果物を食べると花粉症を悪化させる可能性があります。食物と同じたんぱく質を持つか花粉が引き金になる。
参照サイト=The Telegraph

小児肥満は肝細胞癌のリスクが高くなる
小児肥満は、大人になってからの肝細胞癌になる確率が高くなる。肝臓がんは、アルコール依存症やB・C型肝炎に続いて小児肥満も大きな要因になる。
参照サイト=HealthFinder.Gov

乳がん治療薬Avastinは効果がない
Avastin(アバスチン=ベバシズマブ)は、治療効果と安全性が確認されないと、National Health Service=NHS(イギリスの国営医療サービス事業)から発表がありました。米国FDAでも同様の発表があります。
参照サイト=Yahoo News UK

ウォーキングは、うつ病に良い
これまで激しい運動はうつ病に良いとされていたけれど、ウォーキングでも同様の効果が得られる事が分かった。
参照サイト=BBC News

ニキビ治療にタイム(ハーブ)が効果的かも?
ニキビ菌を使った実験では効果が認められたが、実際に人間に対して効果があるかどうかは不明。
参照サイト=健康・栄養フォーラム(FDA)
 
皮膚のトラブルに小麦若葉青汁スプレー


ドロスピレノン経口避妊薬は血栓のリスクを高める
ドロスピレノン含有の経口避妊薬は、プロゲスチン含有の薬より血栓になる可能性が高いと、米国食品医薬品局(FDA)が発表した。FDAでは、この薬を使用する場合、専門家に相談する事を提唱しています。
参照サイト=米国食品医薬品局(FDA)

経産婦の尿失禁
自然分娩より帝王切開でのお産が、尿失禁になる可能性が低い事が、スウェーデンの研究で明らかになった。
尿失禁は産後の体重コントロールが重要で、肥満の人と尿失禁の関連が高いので適正体重に改善する事が大事であるとしている。 参照サイト=Yahoo Health

歯科用X線は、脳腫瘍リスクが2倍に
1年で頻繁に歯のX線をあびると、脳腫瘍になるリスクが2倍になり、脳腫瘍を3倍になる可能性があることが、エール大学医学部の研究で明らかになった。
参照サイト=The Telegraph

肥満女性から生まれた子供は自閉症になるリスクが高い
肥満か非常に肥満の人から生まれた子供は、自閉症や発達の遅れになる可能性が高いと、米国カリフォルニア大学から発表があった。
統計から導きだされた発表なので、その他の見解もあります。
参照サイト=HealthFinder.Gov

子宮頚がん検診で治癒率上昇
定期的に検診をしている人は、していない人より30%以上治癒率が高い。
検診している人の治癒率:92%、していない人の治癒率:66%
参照サイト=健康・栄養フォーラム

がんの生存者はがん以外の病気で半数死亡
がんを発症しても生存している人の中で、がん以外の病気=心臓病・糖尿病・高血圧などで死亡する人が約50%いる事が米国の研究者によって明らかになった。
がんの病気になった人は、それ以外の病気にも注意する必要があるようです
参照サイト=HealthFinder.Gov

ファストフードの体への影響
ハンバーガー・ホットドッグ・ピザなどのジャンクフードを食べている人は、肥満のリスクの他にも精神衛生にも負の影響を及ぼすと言う研究結果。
ファストフードを食べない人より51%うつ病になるリスクが高くなった。
参照サイト=The Telegraph

高齢者の感染症は血栓リスクを上げる
高齢者が感染症になった場合、静脈血栓塞栓症を発症するリスクが7倍に増加する研究結果が、米国ミシガン大学の研究者より報告されました。
感染症にかからない為に日常生活での防御が大事であるとしています。
静脈血栓塞栓症は、感染症の他にも貧血や輸血治療の薬もリスクを上げます。
参照サイト=Health Day

歯科検診は、口腔癌の発見に役立つ
歯科検診は歯や歯茎の健康維持だけではなく、口腔癌の発見にも役立つと、米国国立がん研究所の歯科医が発表しました。
歯科検診は、半年に1回する事を薦めています。
参照サイト=HealthFinder.Gov

チョコレートを食べる人は痩せている
チョコレートを食べる人ほど摂取エネルギーが多く身体活動量も少なかったが、それにも関わらずBMI(身長に対する体重の割合)が低かった。
人の体格を決めるのはエネルギー摂取量ではなく、食事内容が重要であるとしている。
参照サイト=健康・栄養フォーラム
 
商 品 紹 介
小麦若葉青汁 濃縮エキス    小麦青汁スプレー・石鹸セット 送料無料