ショッピングカートを見る
オススメ商品
   
病気と小麦若葉青汁
病気と小麦若葉青汁
   
情報カテゴリ
情報カテゴリ
   
Product for foreign countries
Product for foreign countries
   
お客様へご連絡
お客様へご連絡
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

ヒロキ
ようこそウイートヘルスショップへ。 小麦若葉青汁商品であなたの健康を応援致します。 お問い合わせは、どうぞお気軽にメールでお願いします。
商品検索

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
   
その他のページ
その他のページ
rss atom


カウンター

SHOP バナー
HOME>アトピーと小麦若葉青汁

下記紹介記事は、オーストラリアの医師クリス・レイノルズ氏の見解によるものですから、自己責任で判断をお願いします。
基本的に薬ではないので、即効性や改善率など個人差が大きいと思います。
ですから、長期的な視点でのご利用をお薦めします。

アトピーと小麦若葉青汁

小麦若葉青汁スプレーをアトピーで痛んだ肌に1日1−2回スプレーします。
早い人は3日、遅い人は数ヶ月の時間でお肌の状態が良い方向に向かう方が90%以上いらっしゃいます。


アトピーの原因

アトピーの原因は、遺伝的要因と環境的要因の2つと考えられているようです。
でも、はっきりとした事は解明されていないので、複合的な要素があるのだと思われます。
その他の要因としては、栄養要因やアレルギーや表皮バリア破綻などが考えられています。

私が調べた中でアトピーの原因としてあり得ることと思ったことがあります。
環境的要因です。

農薬を使用した野菜・果物や薬を使用して育てた豚や鶏などの肉を食べている事
塩素消毒している水を飲んだり接触したりしている事
化学物質が浮遊する空気を呼吸している事

これらが体内に入り込めば、体の防御反応が働き異物とみなして攻撃を始めます。そのような体の状態でちょっとしたきっかけでアトピーや花粉症などを発症するのだと言う事です。
体内に入った異物は主に腸から吸収されますから、不規則な生活や偏食などで腸が弱っていると異物の吸収も増えてしまいます。

最近の研究では、腸内には200種類以上の微生物が存在している事がわかってきました。そのバランスが崩れることで病気になる事も判明し、1000以上の病気との関連も指摘されています。
ですから、腸内環境を整えて置くことが症状悪化予防にもつながると思います。
最近、特定の乳酸菌を含むヨーグルトが人気ですが、これも腸内では一部の微生物に過ぎませんので過剰摂取は病気の原因になります。2・3日前もビタミンEの過剰摂取による病害をテレビで注意していました。

環境的要因を排除する為には、綺麗な空気がある地域に居住し、オーガニック食品を食べて井戸水を使用するようにすれば、アトピーが治る確率が高くなるわけです。
しかし、そんな事は現実的には不可能ですから、意識しておく事が大事だと思います。


皮膚を刺激するもの

・羊毛や合成繊維
・石鹸や洗剤
・香水や化粧品
・塩素、鉱物油、溶剤などの物質
・ほこりや砂
・ダニ
・タバコの煙
・動物の毛やフケ
・花と花粉

化学物質フタル酸塩やパラベンで作られた商品は、生活の中に数多く存在していますが、そこから出ている物質は内分泌かく乱物質で健康を害する事が分かっています。そんな環境で生活している事も原因になっているのかも知れません。

アトピーに関する最近の研究報告

・アトピーは20代では減少傾向だが、30〜50代では増加傾向にある。主な原因はストレスと考えられる。ストレスにより皮膚のバリア機能低下が起こる可能性。その他にもアレルゲンの増加(200種類以上)も関連。

・幼児のアトピー患者は、普通の幼児より多くの腸内細菌を持っており、それは通常大人が持つ細菌である。腸内細菌は食事と環境に影響される。

・ファストフードを週3回食べる子供は、アレルギーリスクを3−4割上げる調査結果が発表された。しかし、因果関係は証明されていない。

・アトピーが慢性化する原因は、アレルゲンによって生ずるタンパク質「ペリオスチン」であると解明したと発表された


[ 使 用 例 ]

ステロイド依存性アトピー性皮膚炎の回復
長期間の外用ステロイド(トリアムシノロン)使用により、慢性的に皮膚萎縮と炎症を起こしていた女性が、小麦若葉青汁スプレーを1日2−3回使用した結果、視覚的に耐えうるまで改善した例が紹介されています。(スプレー使用前後の写真も掲載されています)
この記事のURL: http://www.drwheatgrass.com/conditions/eczema/steroid-dependent-skin-recovery.htm

アトピー性慢性湿疹の回復
20歳女性は幼少からアトピー性湿疹を患っていて、環境の変化でアトピーが悪化し経口ステロイドとクリームを使って治療をしていたけれど良くなりませんでしたが、小麦若葉青汁スプレーを使用して回復した例が紹介されています。(スプレー使用前後の写真も掲載されています)
この記事のURL: http://www.drwheatgrass.com/conditions/eczema/case-study.htm

重度のアトピー性皮膚炎の回復
60歳男性の例です。約15年間の治療でも良くならなず、顔面の皮膚に亀裂が入っている状態だったげれど、小麦青汁スプレーを使用開始して9ヵ月後には見違えるほど皮膚炎が制御されています。(スプレー使用前後の写真も掲載されています)
この記事のURL: http://drwheatgrass.businesscatalyst.com/conditions/eczema/severe_flare.htm

少女の重度のアトピー性皮膚炎の回復
26ものアレルギーを持つ10歳の少女は、体表面の90%に湿疹があり入院回数も11回に及びます。経口ステロイド、局所ステロイドも効果が上がらなかったようです。その子が青汁スプレーで回復できました。(スプレー使用前後の写真も掲載されています)
1年後には体表面の5%しか皮膚炎がなくなり、ステロイドも使用しなくても良い状態になりました。この1年間で考えられる回復した原因は、青汁スプレーと青汁エキスドリンクしかないそうです。
この記事のURL: http://drwheatgrass.com/conditions/eczema/wheatgrass-for-severe-childhood-steroid-dependent-eczema

クリス医師のサイトに書いてあったのですが、小麦若葉青汁スプレーは、1日1回で十分のようです。湿疹の人が1日4回スプレーを使用したことに対し、皮膚を休める為スプレー使用を1週間中止するようアドバイスしています。参考にして下さい

Google翻訳(別窓)を開いて、翻訳したい記事URLを入力して下さい。

  商 品 紹 介
小麦若葉青汁 濃縮エキス       小麦青汁スプレー・石鹸セット
小麦若葉青汁スプレー           小麦若葉青汁クリーム

手動式しぼり器 送料無料        小麦種子
小麦青汁スプレー・石鹸セット      かいわれ大根種子
Twin Gear manual Juicer SJM at JP 
AVEENO アビーノ・モイスチュアライジングバー(ドライスキン)